消費者金融の限度額はどれくらい?

消費者金融が運営するキャッシングやカードローンでお金を借りる場合、必ず意識していなくてはならない存在となるのが限度額です。これは融資の限界の額であり、例えば100万円となっているのであればその人は100万円を超えて借り入れることはできません。キャッシングやカードローンを上手く使うためには常に自分があとどれくらい借りられるのかをイメージしておく必要があります。
ですがここでよく疑問とされるのが「消費者金融の限度額はどれくらいなのかということです。もし契約をしたとしても大した額が借りられない、自分が必要としている額を借りられないとなれば利用するメリットはありません。よって自分がどれくらい借りられるのかをイメージするためにもよく疑問とされるのです。
これについては各消費者金融の審査の結果次第であるために一概には言えませんが、ひとつ目安となるのは「年収の3
分の1」という数値です。現在の日本では貸金業法という法律が運営されており、この法律は貸金業者、つまり消費者金融の運営を本来あるべき状態に維持することを目的としています。
そこで重要なのが総量規制で、この総量規制では貸金業者は年収の3分の1を超えた融資をしてはならないという制限がかかっているのです。従ってどれだけ好条件で借りられたとしても、消費者金融を利用する以上は年収の3分の1が限度額の上限となってきます。
基本的に最初の審査では間違いなく返済してくれるであろうと考えられる少額を限度額とするためにいきなり総量規制の上限ギリギリまで借りられるということはないのですが、どれだけ信用が蓄積されても年収の3分の1を超えて借りられることは無いと考えておきましょう。
キャッシング審査を早く通過するには?【キャッシングの審査時間】はこちら