収入証明書不要キャッシングときの体験談

キャッシングの申込みをする場合、消費者金融であれば申し込み額が50万円を超える場合と、借金を持つ場合には申込額との合計が100万円を超える場合、源泉徴収票や直近の給料明細書と言った収入証明書類が必要になると言います。

自分が借入した買った金額は約60万円になるため、消費者金融でお金を借りるためには書類の提出が必要であり、年収がそれほど多くは無かったので、審査に落ちるかもしれないと言った不安が在りました。

ネットで色々と調べていると、銀行の場合も一定額を超えた場合、収入証明書と言う書類が必要になるものの、300万円までは書類の提出が不要になっている銀行も在れば、200万円までは不要になっている銀行が多く在りました。

消費者金融と比べると、審査が厳しいのではないだろうかと感じていたのですが、証明書の提出が要らない事からも銀行のキャッシング審査を受ける事にしたのです。

自分が利用した銀行は、取引が無い人でも申し込みが出来る事、そして口座の開設などが要らないと言う事からも、この銀行でお金を借りようとしたのですが、無人店舗に在る自動契約機を使って契約を交わすことで、カードローンの専用カードをその場で受け取れると言う事を知り、ネットで申し込みをした後に自動契約機で契約を交わすことで、その場でカードローンの専用カードを受け取り、隣接しているATMで現金を引き出してのキャッシングが可能になるなど、直ぐにお金を借りることが出来て満足です。